消極的な子供の友達作り・・・家族が協力できることとは?

この記事は2分で読めます

子供が学校に入ると親として気になる問題が「友達作り」。積極的な子供なら、すぐにでも友達ができますが、消極的な子供の友達作りはそうはいきません。

「学校では一人ぼっちなのかな?」
「仲間に入っていけなくて寂しい思いをしているんじゃないかな?」

親としては本当に心配ですよね。そんな時に親としてできることを考えてみたいと思います。

●消極的なことはいけないことなのか?

学校にはさまざまな子供がいます。それぞれ個性があるので、消極的だからいけないということはありませんよね。むしろ周囲に気を配れる優しい子であることも多いです。

でも、そんな子供たちは、本心では「本当はみんなと遊びたい」「でも上手く話しかけられない」という葛藤に苦しんでいる時もあるのかもしれません。

大事なのは、子供が笑顔で毎日学校に通ってくれること。友達がたくさんいたって、笑顔が減ってきたら親としてはものすごく心配のタネになってしまいますよね。

消極的だからといって、子供の性格を否定しないようにしましょう。

●友達を作りにくいのが消極的な子供

子供の性格を否定しないことと、友達作りは別の問題のような気がしますよね。友達同士の関係で学ぶことも多いので、友達は多くなくてもいいけれど「友達」と呼べる子が数人いて、少ないながらも友達との時間を大事にして欲しいというのが親の本音です。

消極的な子供は「自分から話しかける」という行動自体が難しいと感じています。それに話しかけられても上手く話せなくて、いつの間にかポツンということさえあります。

「うちの子って内気?」と感じたら、少しでも緩和できるように親が協力してあげるのもいいですね。

●話す機会を増やしてあげる

最近では核家族が多いので、人と話すことが少なくなってきているものですよね。祖父母やいとこというようなまずは身近な関係の人と接する機会を多くしてあげるようにしてもいいかもしれません。

また、お父さんやお母さんと近所を散歩している時に、近所の人に一緒にあいさつをする習慣を身につけるのもいいでしょう。

とにかく「人と話す」機会を親が増やしてあげて、慣れさせるということが結構効果的です。初めは緊張している子供も回数を重ねるごとに「人に話しかける」ということが楽しくなってくるかもしれません。

また、お母さんのお友達のお子さんが同年代なら、一緒に遊ばせたりするのもいいと思います。お母さんと一緒なら、子供も安心して周囲の子供達と遊べるということもあるのです。

年齢の近い子供がいない場合には、習い事をさせることも一つの方法です。同年代の子供達と接することもできますし、そこで共通の習い事を通じて仲良くなれることもあるでしょう。

無理をせず、子供のペースで親が一緒になって協力してあげることで、「お母さんはいつでも味方だよ!」と子供の不安な心を取り除いてあげたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。